本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

玄米菜食TOPページ

















玄米菜食


穀物(玄米)菜食をはじめましょう
玄米菜食で失敗しないために



私の幼少時は完全玄米菜食でした

食養生「玄米菜食」

私は幼少時、アトピー、小児喘息がひどく、
毎日病院通いでした。
注射を打たれれ
毎晩体中が痒くて泣いていて、
そんな私を見て「かわいそうだ」
と思った両親が始めたのが
「完全玄米菜食」でした。

おかげで小学校3年生になる頃には
アトピー、喘息は完治していました。

それから大学に入るまで、
我が家は完全玄米菜食でした。

玄米菜食だったのに末期癌?

ところが親父が余命3ヶ月の末期癌になってしまったのです。
あれほど真面目に完全玄米菜食を徹底していたのに。
夜中の0時を過ぎても毎日家に帰ってきて、玄米を食べていたのに。
ということは、玄米菜食にも誤ってはいけないポイントがあるのでは?


そう、真面目に玄米菜食をやり過ぎていたから病気になったのです。
もう少し広い視野で物事が考えられれば。



玄米菜食 失敗しやすいポイント

もう少し気楽にやりましょう。
「病は気から」って言います。
病気になるのは、食事だけではないですよ。
ストレスも、運動も。

やり方は人どれぞれ

カロリーを控えるだけでもいいし。
肉・卵・牛乳を控えるだけでもいいし。
玄米を食べるだけでもいいし。

【マクロビオティック(玄米菜食)】

 マクロビオティック(玄米菜食)は栄養の不足や、精神的充実度といった数々の観点から、欠点が見受けられます。良い食事法なのですから、欠点を補う事で魅力度アップです。

玄米って理想的だけれども
必ずしも玄米だけに固執するのもどうか?
結局、各自にあった食養生が大切なのではないか?と

それに皆さん忙しいから、完璧な料理を作れるほど暇な人はそうはいないので、外食や中食、コンビニをも含めて、最適な食養生というものが求められているのではないでしょうか?

以下に食養生の基本的なことを書いていますが

参考にするだけで、あとは自分流にアレンジすることが大切なのではないかと思います。


食養生リンク

腸内環境研究会