本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

大胸筋とダンベル・フライ







熱を産む体つくり=こらない、冷えない、代謝力のある体つくりを目指して


大胸筋とダンベル・フライ
~冷え性にならない体作り~

冷え性、低体温にとって、体のこりと、硬い体は大敵です。

特に、一日中同じ姿勢を崩さないパソコンは、冷え性、低体温化の元凶。

冷え性・低体温の方の多くに、首肩コリ、猫背、腰痛が当てはまるのではないでしょうか。

毎日体を動かし、筋肉を使って、代謝を維持し、“熱を産める体”を維持することが重要です。


首肩こりというと

絶対に

絶対に

絶対に

必ず忘れられてしまう部分があります。

「大胸筋」です。

腕を持ち上げる際には大胸筋も使っているのです。

なので、パソコン首肩こりの場合、胸の脇のほうも痛くなります。

チョット押してみてください、大胸筋の付け根の辺りを痛いでしょ。

大胸筋

僕だってマッサージ師の先生から言われるまで
気が付きませんでしたよ。

首肩こりに大胸筋が関係あるなんて。

というわけで大胸筋も動かすこととなりました。

大胸筋

大胸筋は胸を覆っている筋肉です。
大胸筋が発達すると、胸板が厚くなります。


ダンベルフライ


肘を痛めないように、肘は完全には伸ばしきりません。
そのまま両腕を近づけるようにします。

ダンベルフライ

上に持ち上げるときに息を吐いて、
下に下げるときに息を吸って。

この時、腕の力で持ち上げないように注意しましょう。

胸に意識を集中して、胸の筋肉で腕をひきつけているという意識をします。

ダンベルフライ


⇒トップへ戻る



冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生
玄米菜食
ポプリ食品辞典
末期癌克服自然生活