本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

広背筋を使うダンベル・ローイング







熱を産む体つくり=こらない、冷えない、代謝力のある体つくりを目指して


広背筋を使う ダンベル・ローイング
~冷え性にならない体作り~


冷え性、低体温にとって、体のこりと、硬い体は大敵です。

特に、一日中同じ姿勢を崩さないパソコンは、冷え性、低体温化の元凶。

冷え性・低体温の方の多くに、首肩コリ、猫背、腰痛が当てはまるのではないでしょうか。

毎日体を動かし、筋肉を使って、代謝を維持し、“熱を産める体”を維持することが重要です。


パソコンに一日中はりついていると背中がこってきますね

そのこっている部分もしっかりと動かして、
コリをとってあげなくては!

こっている部分は血流悪化=冷え性につながります


そしてその動きとして良いのが

「そんなの関係ねー!」

あの動き

ダンベル・ローイングという動きです。



パソコン首肩こりでは

背中側の脇の下が痛くなりませんか?

そして背中の広背筋は伸びっぱなしで怠けていますね。

この筋肉を有効に使うことで、

パソコン首肩こり軽減です。

広背筋




広背筋は、背中を広く覆っている筋肉です。
この筋肉も怠けやすい筋肉です。


広背筋を使う
ダンベル・ローイング

ダンベルは1kg~2kgの軽いもので。
10回×2セットでOK。




肘と肘の間が開かないように、脇をしめて

背中は地面と水平です。

腰は反ったり、曲げないで下さい。

腰に負担がかかります。



ポイントは腕の力で持ち上げないことです。

背中の筋肉を使って持ち上げることです。

ダンベル・ドローアップ

トライセプス・エクステンション

トライセプス・カールと併せて行うと、尚良いです

これらだけでも、パソコン首肩こりはかなり解消されるはずです。


⇒トップへ戻る



冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生
玄米菜食
ポプリ食品辞典
末期癌克服自然生活