本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

菱形筋・肩甲骨を動かすダンベルドローアップ/本気で挑む冷え性・低体温







熱を産む体つくり=こらない、冷えない、代謝力のある体つくりを目指して


菱形筋・肩甲骨を動かす
ダンベルドローアップ

冷え性、低体温にとって、体のこりと、硬い体は大敵です。

特に、一日中同じ姿勢を崩さないパソコンは、冷え性、低体温化の元凶。

冷え性・低体温の方の多くに、首肩コリ、猫背、腰痛が当てはまるのではないでしょうか。

毎日体を動かし、筋肉を使って、代謝を維持し、“熱を産める体”を維持することが重要です。

例えばこのような姿勢は冷え性・低体温に直結

パソコン首肩こり

パソコン首肩こりの人は、ここが怠けてしまっている可能性が大です。

背中を1日中丸くしていて、
肩甲骨と肩甲骨を寄せるような縮める運動をしていません。

肩甲骨と背骨の間を、押してみてください。
硬く張っていませんか?

あなたの肩甲骨は動きますか?

パソコン首肩こりが酷い方は、
パンパンに張っていて、肩甲骨が全く動かないのでは?

肩甲骨が全く動かない肩こり
菱形筋


菱形筋/パソコン首肩こり

首肩こりの人の大きな特徴は、肩甲骨の動きが悪くなっていることです。この肩甲骨が自由に動かなければ首肩こりはとれません。

菱形筋と、肩甲骨を十分動かす運動はこれだ!
最高にお勧めの運動
ダンベル・ドローアップ

ダンベルは1kg~2kgの軽いもので。
10回×2セットでOK。


ダンベルドローアップ1

背中・腰はしっかりと伸ばすこと。
そうしないと腰を痛めます。

ダンベルドローアップ2

肩甲骨と肩甲骨を寄せる気持ちでダンベルを引き上げます。
決して腕で持ち上げないように。

肩甲骨が動いているのがわかりますか?

このように胸を支えながら行うと尚よい




胸を何かで支えています。
このやり方だと、腰を痛める心配が無いので尚良いです。

これを行うと肩甲骨の動きが変わってきますよ。

パソコン首肩こりの人がこの運動をやると、本当に気持ちがいい。


そして更にトライセプス・カールトライセプス・エクステンションを併せて行うと更に気持ちが良いです。


⇒トップへ戻る



冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生
玄米菜食
ポプリ食品辞典
末期癌克服自然生活