本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

最高のコンディション/本気で挑む冷え性・低体温







熱を産む体つくり=こらない、冷えない、代謝力のある体つくりを目指して

最高のコンディション
~冷え性にならない体つくり~


先週の運動メニュー

月曜日
ヨガ 1時間
多少の筋トレ (最低負荷)
火曜日
アイスホッケー 1時間30分
水曜日
ヨガ 1時間
多少の筋トレ (最低負荷)
木曜日
ジャズダンス 1時間30分
金曜日
ヒップホップダンス 1時間
多少の筋トレ (最低負荷)
土曜日
ヨガ 1時間
ビートボクシング 1時間

体作りに15年かかった

あれほど悩み続けた、
肩や、首、背中の張りや腰痛も
ここ15年くらいの間で、
最高のコンディションが得られそうです。

僕は腰痛は15年ほど前に筋肉トレーニングなどで痛めて以来の持病です。
色々な対策によって軽快はしましたが、

軽快した腰痛がパソコンで悪化

ここ4年間ほど、パソコンの仕事が多くなったじゃないですか。

パソコンといえば座りっぱなし、
体の筋肉は固定的ですから、
当然良くなったものも悪くなる。

そしてその上
これまで無かった首肩コリまでプラスされちゃって、
背中まで張ってきて、
背中が張るから腰まで良くなくなって、
最悪のコンディションになっていたのです。

筋肉や骨格は生活スタイルに依存

そんな感じで、
腰痛というのも、出たり引っ込んだり、
首肩こりが出現したり、
人の筋肉や骨格というのは、
生活スタイルに密着しているのですね。

その人の生活が変われば、それに伴い
体は良くも悪くもなります。

それにあわせて主に腰痛のためのコンディショニングを行なってきたのですけれども、

ここまでボディー作りを勉強するのに
15年かかりました。

それくらい、

●筋肉トレーニングもやったし、
●運動
●気功
●マッサージも、整体も、鍼灸もやったのです。

マッサージは根本的な改善にはならず

その中で

結局、マッサージや整体、鍼灸は

その場しのぎになったとしても、

根本的な改善にはならず

ということがわかって、

自分で鍛えるようになったのです。

筋肉・骨格をコントロール

そう自分で筋肉・骨格をコントロールして行かなければならなかったのです。

色々と運動をやりましたが、

結局、ジャズダンスアイスホッケーなど、足腰を鍛えるものに落ち着きました。

足腰は家で言えば基礎であり、土台ですから最も鍛えなければならない部分でしょう。

アイスホッケーは本当は腰を相当使うので、腰痛の人にはいけないのですが、

これまでの間に、足腰は鍛えたあったので、
アイスホッケーも無事に行なえています。

上半身と下半身は別人

ところが僕の場合、

筋肉量や脂肪の量、骨の量、ミネラルの量など体の構成を計測してくれる機械があるんですけれども、それによると

下半身の筋肉量は標準よりも鍛えている部類に入りますが、

上半身は標準の上の方ということで、

上半身と下半身のバランスが悪かったんですね。

体の筋肉というのは

バランスですから、

足腰を鍛えるためには、
上半身も鍛えないとバランスが悪くなるんですね。

つい最近までの悩みが正にそれ、

マッサージの先生に

「上半身と下半身が別人だね」と、いつもいわれる始末。

上半身は弱らせっぱなし

結局、足腰は鍛えているけれども、

日中はパソコンで、上半身は全く鍛えられていないでしょ。

座りっぱなしだと

大腰筋も弱りっぱなし。

これではいつ腰痛が復活してもおかしくないな。

「このバランスの悪さはいかんな。」と、

いつも思っていたのです。

こりは広がって行く

それに加えて、

腕や首がパンパンに張るから、肩もこる。

肩がこったら、

僧帽筋もこり、

広背筋もこり、

脊柱起立筋もこり、

大腰筋もこり、

大臀筋もこるという

悪のスパイラル

結局、筋肉のコリというのも感染症のように、広がって行くのですね。

上半身を鍛えよう

それで、上半身も鍛えよう。

もっとヨガなどストレッチをやりたい。

ということで、スポーツクラブに入会したのです。

こんなに早く結果が出るとは

でもまさかこんなに2週間程度で、結果がでるとは思いませんでした。

ただこれは、下半身はしっかりと鍛えていた。

というのが大きいんだろうな。

下半身を鍛えてあったから、

あとチョコッと筋トレを追加しただけで、

バランスが良くなったんだな。

それにしてもこんなに早く結果がでるとは思いませんでした。

マッサージの先生にも

「筋肉の流れが変ったね。」といわれるし。

それは自分でもわかります。

先週の僕の運動メニューはこちらです


月曜日
ヨガ 1時間
多少の筋トレ (最低負荷)
火曜日
アイスホッケー 1時間30分
水曜日
ヨガ 1時間
多少の筋トレ (最低負荷)
木曜日
ジャズダンス 1時間30分
金曜日
ヒップホップダンス 1時間
多少の筋トレ (最低負荷)
土曜日
ヨガ 1時間
ビートボクシング 1時間


感想

ただ先週は
「運動し過ぎだ」と思います。

燃焼系を減らして、ストレッチ・ヨガ系を増やしたほうが、
より良い結果が出るでしょう。

次回は、僕は運動をおおよそ

3つないし、4つのタイプに分類して

それを組み立てながら行なっています。

それについて書きます。



冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生
玄米菜食
ポプリ食品辞典
末期癌克服自然生活