本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

三角筋を使う ラテラル・ライズ







熱を産む体つくり=こらない、冷えない、代謝力のある体つくりを目指して


三角筋と上腕三頭筋を同時に使う
ダンベル・プレス


冷え性、低体温にとって、体のこりと、硬い体は大敵です。

特に、一日中同じ姿勢を崩さないパソコンは、冷え性、低体温化の元凶。

冷え性・低体温の方の多くに、首肩コリ、猫背、腰痛が当てはまるのではないでしょうか。

毎日体を動かし、筋肉を使って、代謝を維持し、“熱を産める体”を維持することが重要です。

三角筋と上腕三頭筋をあわせて使う、
肩こりにとって重要な運動です。

首肩がこっていると、この運動をしたときに

「ポキポキ」いいます。
僕もポキポキいっていました。

とにかく筋肉を使って、柔らかくしてあげるより他ありません。

上腕三頭筋と三角筋

三角筋というと肩を覆っている筋肉。

上腕三頭筋はパソコン仕事で怠けっぱなしの筋肉。

双方ともに、僕の中では首肩こりに関して非常に重要な筋肉です。

肩を指で押してみてください。

痛いでしょ。

上腕の裏側のたぷんたぷんしている部分(力こぶの反対)
を押しても痛いでしょ。

凝っている訳です。

このコリがズドーンと自分の肩にのしかかってくるわけです。






三角筋は肩を覆っている筋肉です。
上腕三頭筋は上腕についている、肘を伸ばすときに使う筋肉です。


ダンベルプレス




上に持ち上げるときに息を吐いて、
下に下げるときに息を吸って。




⇒トップへ戻る



冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生
玄米菜食
ポプリ食品辞典
末期癌克服自然生活