本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

冷え性・低体温と野菜ジュース3







野菜ジュース検証

野菜ジュース検証3


作った野菜ジュースはフタつきのガラス容器に入れて
冷蔵庫で保存しています。

5月6日のジュースです



セリ
アシタバ(明日葉)
赤ピーマン
大根(根)
キャベツ

胃を中心に考えています

主に胃を冷やすことを中心として
そして血液を浄化することを考えて配合しています。

まず大根キャベツが入っているのは、胃の熱をとり冷やすためです。
胃の鎮静剤です。

明日葉セリが浄血の役割をします。
血液サラサラを目指します。

赤ピーマンが入っているのは、ビタミンA効力も高いですし、緑ばかりではなくて、赤も入れた方がいいかなと思って、入れています。深い意味はありません。



5月10日の野菜ジュース

消化酵素の多い大根と、パイナップルが多く入っています。

パイナップルが入ると、俄然野菜ジュースがおいしくなります。

まあ私の場合、後からユアラーゼやコーディアルを入れるので、味は関係ないといえば関係ないですが、元々がおいしければ、おいしいに越したことはありません。

今日は緑黄色野菜にこだわって

今日は緑黄色野菜にこだわってみました。

人参も入っていれば、

ピーマンも入っていて、

赤ピーマンも入っています。

小松菜も入っています。

豊富なファイトケミカル(植物系栄養素)を補えることでしょう。




赤色が強く出ています

5月13日の野菜ジュース

ホウレンソウはあまり食べないので、

ホウレンソウを入れてみようと思いました。

ホウレンソウは鉄分も多く、補血に良い食べ物です。

明日葉も補血に良い食べ物ですから、血分を十分に補ってくれるでしょう。

これらの中でホウレンソウと大根は冷やす性質の食べ物です。

ですから鎮静してくれるのは良いですが、多食すると冷える結果を招きます。



緑色が強い感じです


⇒次へ 野菜ジュース検証4



冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生
玄米菜食
ポプリ食品辞典
末期癌克服自然生活