本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

セロリーの滋養スープ/本気で挑む冷え性・低体温【食養生編】











花粉症実況中継 19年3月27日




ヌックマムを使用して
ベトナム風の味付けを

玄米菜食は楽しく、おいしくなければね

玄米菜食を面白くするために。

心を満足させるために、

中国のスパイスを利用したり、インドのスパイスを利用したり、ベトナムのスパイスを利用したり、工夫が必要です。

これだけおいしい料理が揃った現代日本です。

あまりに粗食、粗食だけでは、心がすさんでゆく気分です。

楽しくする工夫が何よりです。

だから僕の料理はオリジナル薬膳になってしまうのだな。

今日はベトナムのヌックマムを使用して味付けです。

ヌックマムというのは、タイ料理のナンプラー(魚醤)です。

これもただ単に入れるだけで、ベトナム風の味になりますから、楽なんです。

自炊している人にとって。

やっぱり楽なことは大切。

セロリを使用しよう

セロリはヨーロッパのハーブ療法では、滋養強壮に効くそうです。

中国漢方では、涼性の野菜で、清熱や利尿のイメージがあるので、ちょっと想像し辛いですが、メッセゲさんはそう言っているのです。

まあ、セロリが滋養強壮に良いとして、

そしてセロリも香気があって、雰囲気がウドとダブルじゃないですか。
セロリを中心に、滋養のスープを作ろうと思いました。

材料

セロリ以外には、

人参、タマネギ、クコの実、松の実、ブナシメジが入っています。

補血) 人参
補陰) クコの実
補気) タマネギ、松の実

気血水を補い、肝腎を強化して、最高のスープです。

味付けは、鶏がらスープや、塩、砂糖、ヌックナムです。



冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生
玄米菜食
ポプリ食品辞典
末期癌克服自然生活