本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

かぼちゃカレーを作ったよ!/本気で挑む冷え性・低体温【食養生編】








花粉症対策生中継 19年2月28日


薬膳料理・食養生写真「かぼちゃカレー」


かぼちゃで温め滋養

先日のトマトカレーに続いて、今度はかぼちゃカレーです。
かぼちゃとパイナップルが入っています。

かぼちゃは滋養強壮に良い食べ物です。

温かく元気をつけるのに良いでしょう。

やはり便を良く出すために、ゴボウは入っています。

僕はゴボウを食べるとウンチがよく出るんだな。

ウドはこの季節にしか食べられないし、好きだからまたしてもウドを入れています。というより、ここ1ヶ月ぐらい毎日ウドを食べていますね。

ココナッツミルクのかわりに豆乳と、ヨーグルトが入っています。

カレー粉

カレー粉は、秋ウコン、コリアンダー、クミン、メッチ、フェンネル、唐辛子、シナモン、チンピ、ナツメグ、クローブ、ジンジャー、ローレル、オールスパイス、ブラックペッパー、ガーリック。このスパイスの量、ワクワクしてくる。


大体これが3日間もつんだな。
3日間分だから大量に作るわけだ。

味はまずまずおいしかったけれども、パイナップルがあまりにも未成熟すぎた。
酸っぱくて酸っぱくて、仕方が無いから使うのをやめて置いておこうかなとも考えたけれども、使ってしまった。

案の定、酸味が強いカレーになってしまった。

実は出汁として鶏肉が入っているのだけれども、今完全玄米菜食なので、全部捨ててしまった。もったいない。実にもったいない。

でも花粉症のためなら、なんてことはない。
頑張るぞ!

花粉症の人の摂取上の注意点


注意点

カレースパイスは、温性、熱性の食べ物で、発汗解表、行気活血、散寒など刺激の強い食品が多く、 花粉症の人は刺激の強い食品はかえって酷くすることがありますので、注意して下さい。 カレー粉やスパイスを使用しないなどの工夫が必要です。

ただ僕がなぜカレーを食べているかと言うと、「症状が安定しているので、食べても大丈夫。」 という判断からです。もちろんカレー粉は、感じるか感じないか程度しか入れておらず、 かなり量は控えめです。やはりいくら症状が安定していたとしても、明らかに「辛い」と 感じるようなものを毎日食べていたら、花粉症は酷くなるでしょう。




冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生
玄米菜食
ポプリ食品辞典
末期癌克服自然生活