本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

冷え性・低体温改善のための食事/野菜の摂り方は?









冷え性・低体温改善のための食事
野菜の摂り方は?




野菜を摂るとなると、一番手軽なのが野菜サラダ

野菜サラダを食べていると

なんとなく野菜を摂っているような気がします

でもそれでは実際に野菜を摂っていることにならずに、

病気になってしまう。

日本人に生野菜を食べる習慣はありません

日本ではもともと生野菜を食べるという習慣がありません。
最近になって、食生活の欧米化が進んで、また野菜不足が叫ばれるようになって、手軽に補えるサラダが流行したのです。

しかしながらそれでも日本人の野菜不足は一向に変わりません。コンンビニに行っても、どこに行ってもサラダが売っているのに。

野菜を食べている気になっているだけで、実は野菜を食べていない

コンビニでも、ファミレスでも、昔に比べたら皆さん必ずサラダを注文しているような 気がしますが、それでも一向に病気は減らないし、野菜不足も解消しません。何故ですか?

「野菜を食べている気になっているものの、実は野菜を有効に摂取していなかった。」ということではないでしょうか?

野菜は食べればよいのではなく、栄養が摂れていなければ

野菜は食べればそのまま栄養が吸収できるか?

否。

残念ながら野菜は生のままではほとんど栄養を消化吸収できません。補えるのはせいぜい食物繊維のみです。

野菜と食物繊維

野菜つまり植物を構成する細胞は細胞壁といって、硬い殻で覆われています。 セルロースやペクチン、マンナン、グルコマンナン、ヘミセルロース、イヌリン、カラギーナンなどといったものです。 これらはヒトの持つ消化酵素では消化吸収できないのです。

細胞壁を破砕

加熱調理するなり、微生物によって発酵させるなり、phを変えるなり、 して細胞壁を壊すことで、植物の栄養は消化吸収できることとなります。

冷え性・低体温のヒトは野菜は加熱調理

また冷え性・低体温が増えたことも、サラダなど生野菜の摂取機会が増えたことも一因として 指摘されています。冷え性・低体温の人は、野菜は生野菜サラダではなく、加熱調理したほうが良いです。 生野菜は体を冷やします。野菜ジュースよりは野菜スープの方が、体に合います。

サラダは野菜を摂っていると思わない方が

野菜サラダは野菜を摂っていると、考えない方が良いでしょう。

というのも、生野菜の80%以上の成分は水分だからです。

サラダだと、「見た目の20%程度の野菜を食べている。」ということです。

野菜を摂っているとはいっても、ほとんど水を飲んでいると考えた方が無難でしょう。

だから生野菜を摂っても摂っても、全然量が足りないのです。

例えば「もやし」でも、生の時はすごく量が多かったのに、炒めたらすごく小さくなるじゃないですか!

加熱調理して水分を飛ばした方が、全然量が摂れるのです。

加熱の仕方にも

加熱の仕方により陽性度も違ってきますので、活かしてみてはどうでしょう?

例えば、茹でるよりも煮込んだ方が、陽性度は高くなります。

焼くよりも黒焼きにした方が、過激に陽性度は高くなります。

焼くよりも、高温で炒めた方が陽性度は高くなります。


⇒冷え性・低体温TOPへ行く



冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生
玄米菜食
ポプリ食品辞典
末期癌克服自然生活