本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

冷え性・低体温改善のための食事/陰性の食べ物











冷え性・低体温改善のための食事
陰性の食べ物

陰性の食べ物スイカ


中国漢方と陰陽論

夏にはスイカを食べたくなりますが、冬には何故スイカを食べたくならないのでしょうか?

陰性 陽性

夏は暑いですね。

夏という季節は陰陽でいうと、陽に属します。

暑い季節だからこそ、陰に属する体を冷やす食品を食べて、体のバランスをとっているのです。

スイカは陰性に属する、体を冷やす食べ物です。


秋 冬
寒 涼
春 夏
温 熱

冷え性の人は陰性だから

冷え性・低体温の人は、証でいうと、虚証(陰に属する)、寒証(陰に属する)ですから、陰性体質なのです。

ということは陰性体質の人が、陰性の食べ物ばかりを食べていたらどうなりますか?

余計に体は冷えてしまいますよね。

出来るだけ陽性の食品を食べて、バランスをとってあげたいものです。

ところで陰性の食べ物って?

陰性の食べ物ナス

中国漢方では「涼性」、「寒性」の食べ物が「陰」に属します。
涼と寒は程度の問題で、「寒」の方がより冷えるものです。

スイカ、キウイ、大根、ゴボウ、ホウレンソウ、蓮根、レタス、セロリ、セリ、キュウリ、トマト、ナス、アスパラガス、 冬瓜、ミョウガ、ナズナ、ヒジキ、コンブ、ノリ、蛸、蟹、コムギ、ハトムギ、粟、緑豆、ミカン、柿、梨、バナナなどが陰性の食べ物に属します。


陽性
熱性
温性
陰性
涼性
寒性

小麦食の増加が冷え性・低体温を誘発?

なので、ここまで冷え性・低体温が増えた要因の一つとして、小麦食の急増を挙げる人がいます。

つまり、体が冷えている人は、パンやパスタ、うどん、ラーメンなど小麦食を多く摂っているという考え方です。

それよりも陽性食品である、玄米を主食にした方が体が温まるという説があります。


⇒冷え性・低体温TOPへ行く



冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生
玄米菜食
ポプリ食品辞典
末期癌克服自然生活