本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

冷え性の原因と正体






本気で挑む冷え性・低体温/温め専門/赤外線治療器、温熱治療器、遠赤外線温熱マット、温泉、入浴剤



冷え性の原因と正体
怖い手足・末端冷え性



「私は手足が冷えるだけだから、

冷え性ではありません。」



と思われている方は非常いです。



「手先、足先が冷えるくらいたいしたことは無い。」
と思われていませんか?

グリーンポプリは30年間、癌や難病と闘ってきて、
何故、手足冷え・冷え性・低体温に対して、
ここまで力を入れているのでしょうか?



 手足冷えや冷え性って本当は、

様々な体の機能低下要素を含んでいて

怖い生活習慣病の入り口であって

物凄く怖い事なのです。

手足冷え・冷え性に対する認識が甘くはありませんか?(※別窓で開きます)


冷え性の正体を認識して下さい


冷え性・低体温の正体

「手足が冷える」ということは、どこに原因しているのでしょうか?


冷え性・低体温の原因1 血流悪化

血液は熱を全身に運んでいます。手足が冷えるという事は、血流悪化の最初の段階であり、手足の血液循環が悪いという事です。だから手先足先にまで熱が回らないですし、血色も悪いのです。全体的な血液循環が悪くなってくると、手足よりも重要な内蔵に優先的に血液が送られます。


なぜか?

血液循環が悪くなると冷えるというだけでなく、人体にとっては大きなダメージです。血液というのは全身に、酸素や栄養、ホルモン、免疫細胞などを送り届け、二酸化炭素や老廃物を運び出す運河の役割です。人体における物流の大動脈なのです。この物流が止まってしまうということは、酸素も、栄養も、ホルモンも免疫細胞ですら行き渡らないどころか、二酸化炭素や老廃物も排泄されません。栄養も来なければ、毒も溜まり、免疫力も低下する体。 冷え性・低体温は、病気の最初の段階です。ですから病気を防ぐためには、血液循環のよいい温かい体を作り上げなくてはなりません。


血液循環の悪化

【血管と細胞との物資のやりとり】血流が悪化して毛細血管などで血流が滞ると、手足冷えなどになります血液と細胞とは酸素や二酸化炭素、栄養、老廃物などをやりとりしていますから、血流が悪化するとこれがうまく行えなくなります。

血流悪化の原因は?

冷え性・低体温の原因は、血液循環の悪化。では何で血流が悪化したのでしょうか。血液循環が悪いという事は、

(1)血液がドロドロ(※別窓で開きます)の場合と、
(2)動脈硬化
(3)筋肉のコリ
(4)運動不足
(5)ストレス
という主な原因があります。




冷え性・低体温の原因2 代謝

栄養がいかない毒も溜まる

血流が悪化すると、全身の細胞にかかる運河の流れが悪くなり、物流が滞ります。情報伝達もできず、栄養も運ばれず、老廃物も溜まる損する体になるのです。

冷え性・低体温は老化した体

このような状態で、血管の先にある細胞が元気になるはずはありません。細胞はどんどん老化して行きます。 ちなみに肌の状態を見れば、一目で血流の状態がわかりますよ。血流が悪くなれば肌細胞が真っ先に老化してゆきますから。


細胞が老化が老化すると



新しい細胞に生まれ変わることができずに、これが肌細胞であれば
ターンオーバーに支障をきたします

酵素が働かず代謝力が低下

それだけではないのです。私たちの生命活動、つまり動くのも、しゃべるのも、呼吸をするのも、考えるのも全て化学反応で成り立っています。そしてこの化学反応を順調にすすめる大切な物質があります。それが「酵素」です。酵素は40℃前後という高い温度で最も元気に働きます。それから1℃下がるごとに酵素の働きは悪くなり、つまり体温が低いと体の中での化学反応が鈍るのです。冷え性・低体温は酵素が働かず、化学反応(代謝)がおこらない体だといえるのです。

栄養の吸収もままならず

私たちの生命活動の要は、食事から胃腸を介して消化吸収することです。体温が低い(特に胃腸が冷えていると)と消化酵素の働きが鈍ります。胃腸が冷えているということは、胃腸の血液循環が悪いということであって、胃腸の活動さえも鈍ります。こうした2つの理由で、冷え性・低体温では栄養すら十二分に得ることができないのです。

脂肪が溜まる余計なものが溜まる

酵素というのは、脂肪も分解しますし、糖質も分解します。代謝が悪くなると、体の中に脂肪など余計なものまで溜まって行く体になるんですね 。一見やせているように見えても、内臓脂肪がついてしまうのです。

以上冷え性・低体温は、代謝の低い老化した、損する体なのです。



冷え性・低体温が原因し生活習慣病に


さてこれまで見てきたように、冷え性・低体温は「損する体」、「老化した体」、「溜まってしまう体」です。その延長上に何があるのでしょうか。



毛細血管の状態は肌にあらわれる

血管は末梢(心臓から遠いところ)に行くほど細くなってゆきます。毛細血管では、血球のサイズよりも細くなります。その中を血球(赤血球、白血球)は、形を変えて通り抜けてゆきます。それなので細い毛細血管は詰まりやすい運命にあるのです。肌の表面の毛細血管の流れがよいと、きれいなピンク色の肌をしていますが、毛細血管が詰まると、どす黒いような、青紫色の、くすんだ肌色となります。それに肌のつやも無くなり、カサカサ荒れてしまいます。美肌をうむには肌に酸素や栄養を与える、運河の流れが良くなければならないのです。冷え性・低体温では、美肌は実現できないのです。

手足冷え性から内臓の冷え性へ

要約すると冷え性で血流が悪いと肌を酸素や栄養で潤すことが出来ないので、肌が汚くなるということでした。私たちの体を覆っている肌は唇につながり、口の中につながり、食道につながり、胃、腸、肛門へと、一つながりでつながっています。つまり内臓も肌と言い換えることもできます。肌表面にも毛細血管はありますが、内臓にも沢山の毛細血管がはりめぐらされています。特に腎臓や肺、小腸、肝臓などは、血液とのやり取りの中で仕事をしているので、 効率よく仕事をするために毛細血管の塊だといえます。手足に血液が行きにくい、肌の毛細血管に血液が巡りにくいということは、内臓にも血液が行きにくい。つまり内臓が仕事をしにくいということなのです。 こうなると、最初は手足だけの冷え性だったのが、内臓にまで冷え性・低体温が及ぶことになるのです。




内臓の機能低下と萎縮



小腸じゅう毛
毛細血管で覆い尽くされています。
内臓も細胞から構成されています

更に、内臓も細胞から構成されています。

  • ●内臓の毛細血管に血液が行かない。
  • ●内臓を構成する細胞が滋養されない。
  • ●内臓の細胞も老化

そして、内臓の細胞までもが老化してしまったら?
内臓は機能低下し、萎縮してしまいます。肝硬変は肝臓を構成する細胞がどんどん死んでゆき、肝臓自体が小さく硬くなって行く病気です。

つまり冷え性・低体温が内臓にまで及び、重篤な病気に発展する可能性を示唆しているのです。




まだある冷え性・低体温の損

発汗も出来ずに毒だらけの体

冷え性・低体温の人は、汗もかきにくいです。手足が冷えている人は、頭や胸、背中からだけしか汗が出ない部分汗になりがちです。 というのは、体の中の有害物を排泄する役割も持っています。十分に汗がかけないと、体の中は毒だらけになって汚れて行きます。

免疫力の低下

例えば皆さんが風邪を引いた時、熱がでますね。これは熱をあげてウイルスを殺そうとしているのです。 癌細胞は40℃を越えるとだんだんに弱くなって更に上がると死滅してしまいます。つまり体温というのは体を守る免疫の要でもあるのです。 体温が下がれば下がるほど免疫力は低下し、容易に細菌にやられてしまったり、風邪を引きやすくなったりまします。


つまり「冷え性・低体温」という事は

  • ●免疫力が低下する。風邪を引きやすい。病気になりやすい。
  • ●疲れやすい。疲れが抜けない。
  • ●肌が汚い。顔色も悪い。
  • ●太りやすい。痩せにくい。
  • ●子供が生まれにくい

病気になりやすい
病気になったら治らない
美容にも悪影響
子供も生まれにくい

という損する体なのです



⇒冷え性・低体温TOPページへ



冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生
玄米菜食
ポプリ食品辞典
養生法実践編
こころと健康
末期癌克服自然生活