本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

腎は生命力の要/本気で挑む冷え性・低体温











~腎は生命力の要~
冷え性・低体温の要



冷え性・低体温・冷房病・夏場の冷え
脚・腰が冷えていませんか?


●腎臓は気を貯蔵する


中国医学で「腎」といいますが、
西洋医学にあてはめると「腎臓」「副腎」の辺りを指します。

腎臓というのは、冷えを嫌う、冷えに弱い臓器なのです。

だから腎臓が冷えると、体全体が冷えてしまう。

冷え性の大きな要因です。



腎は冷えを嫌う





腎臓は冷えを嫌い、生命力の要の臓器です
腎はアンチエイジング(抗老化)の要
腎は解毒・排毒の要




中国医学の腎と西洋医学の腎臓


腎


腎は生命力の源生殖能力など


腎は生命力の源です。

「気(生命力の源)」を貯蔵する場所なのです。

中国医学で

「五臓の傷は窮まりて必ず腎に及ぶ。」とあります。

つまり、肝臓でも、心臓でも病むと、その影響は必ず、最終的に腎に及ぶということです。

これは裏を返せば「それだけ重要な臓器ですよ。」と解釈出来るでしょう。

腎を病むと老化が早まり、生殖能力も低下します。

不妊症婦人病の一因も、腎が冷えて機能低下したことに拠ります。

また虚弱体質も、先天的な腎の不足が関わっています。



中国医学の生命力とは?


ここでいう中国医学生命力とは?

●両親から受け継いだもの
●食べ物
●呼吸

から得たものの事をいいます。

これら生命力を腎臓に蓄えているのです。

だから、いくら食事が良くても、呼吸が速くて浅い人は、生命力が虚弱なのです。

腎の冷えで起こる症状
腎が冷えると老化する



あなたは、当てはまりませんか?


●尿の回数が多い/少ない
●夜中に何度もトイレに起きる
●尿の色が濃い/薄い
●むくみが
●目の下にクマが
●性欲が無くなった
●不妊症
●耳が聞こえにくくなった
●ひぶん症
●膝・腰が弱くなった
●骨がもろくなった
●髪の毛がすぐに抜ける


これらは、腎が弱ると起こりうる症状です。



腎臓の位置



腎を温めましょう
ですから、 未病予防のためには腎を大切にしなければなりません。

腎を、体を十二分に温める事です。

でも一体、腎って何処にあるの?

腎というのは、背中の丁度腰のあたりにあります。

腕をダラーンと下げて、丁度肘の高さ。

その背骨の両側です。

その辺りを徹底的に温める事で、腎は温まり、体も温まります。




⇒冷え性・低体温TOPページへ

冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生
玄米菜食
ポプリ食品辞典
末期癌克服自然生活