本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

本気で挑む冷え性_低体温


















本気で挑む冷え性・低体温


●心の緊張で体が冷える
●筋肉量が減っても冷える

冷え性・低体温って、ただ単に温めるだけでは治らないから
ほんとうに難しいですね。ストレスがかかって、運動もしないから
現代人が冷えるのは当たり前なのですけれどもね。

遠赤外線治療器「サンマット」画像

冷え性・低体温を克服するコツって?
それは徹底的に温めまくること。どうやったら治るか?なんて考えすぎちゃって、色々なものに手を出しては止め、手を出しては止めてという人がいますが、もう考えないで実行あるのみ。
冷え性・低体温の方で共通しやすいのは、考えすぎやすいということ。考えすぎるから血流が滞り、筋肉も硬くなる、だから体も冷えるという内面的要素を多く抱えているようです。なので、「考えるよりも先に温める。」これを信条にして、頑張りましょう。私も頑張りますので!



冷え性・低体温に本気で挑むためには
生活全般を見直すこと そのポイントは?


熱を産めない体

食事を変えても、体を遠赤外線で温めても何をやっても温まらない。どうして?筋肉の萎えたゆるゆるの体になってしまっていて、代謝力が低下していませんか?

冷え性・低体温の改善には筋肉をつけて
熱を産める体をつくること

 冷え性や低体温でお悩みの方たちを見ていると、運動不足だったり、筋肉を使っていない人たちが多いことに気が付きます。体全身の筋肉が怠けきっていて、熱を産めないのですね。

⇒筋トレとストレッチ


体全身がガチガチにこっていて、血流を阻害していませんか?

冷え性・低体温の改善にはコリを解消すべし
緊張を解き柔らかく

体のこりが血流を阻害、冷え性・低体温に。

 冷え性や低体温でお悩みの方たちを見ていると、体が硬くて、首肩、背中などあらゆるところがこっている人が多いです。このような方の仕事はパソコンの仕事や、一日中座りっぱなしの仕事。また精神的に緊張して交感神経過多の生活を送っている場合が多いです。

⇒筋トレとストレッチ

こちらでは、冷え・低体温克服にあたって、私自身が行った事などポイントをまとめました。
是非参考にして下さい。

はじめに
冷え性・低体温改善対策