本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

念願の 風呂用モニター導入!/冷え性対策2008









念願の 風呂用モニター導入!
冷え性・低体温対策2008




そこで2008年の私の冷え性対策は、さらに磨きがかかりました。

念願のお風呂用モニターを買いました。6万円で。

前々から欲しかったんです。

前々から
「お風呂でテレビを見ることは、冷え性対策の最有力候補だ。」と思っていたのです。

何故って、お風呂を楽しんで長く入れたなら、誰でも毎日、気軽に温まれるじゃないですか。

僕の経験の中で

「気軽に楽しく出来ることを、長期間続けられる環境を整えることこそ、病気克服の一番のコツだ!」

と考えているので、お風呂の中で湯の花を入れたり、温泉に行ったりと楽しんでいたわけです。

リンク・ザバディー 最高



これこれ、この写真が我が家のお風呂に導入した

「リンク ザバディー」7インチモニターです。

もう予想以上に最高!

ザバディーを導入してから、毎日湯の花入りのお風呂に、

1~2時間入っています。
(当然ぬるい温度ですし、脚だけだったり、腰だけだったり、胸だけだったり、半身だったりと、体全身ではないですし、出たり入ったりして無理のないようにしています。)




チョット無理していたんですよね


もともと僕は長湯する性質じゃなかったので、

実はこれまでも

チョット無理して長湯していたのです。

でもこのホームページで何回も書いている通り、

「無理って駄目でしょ。」

継続性がなくて。

最初は頑張って1時間くらい入っていたけれども、

そのうち無理が利かなくなって、

30分~45分程度になってしまいました。

それに30分とは言っても、

無理している訳だし。

1~2時間もお風呂に入っています

リンク ザバディーを入れてからというもの、

毎日無理なく1~2時間もお風呂に入っています。
(当然ぬるい温度ですし、脚だけだったり、腰だけだったり、胸だけだったり、半身だったりと、体全身ではないですし、出たり入ったりして無理のないようにしています。)

テレビを見ながらだと、

平気で1時間入れるんだよな。

それもリラックスして。

要は考え方的に、

椅子に座って何もせずにテレビを見ている時間があったら、

その時間を、お風呂の中で温まりながら、

有効活用しながらテレビを見ているかどっちにする?

ということなのです。



リンク ザバディーは、本当に大ヒットですね。

毎日1~2時間も入浴していると、本当に温かい。

しかも汗も出る訳です。

そしたら、写真にあるように「温泉水99」を飲んで、水分補給をするわけです。

そしたら何か体の中が綺麗になる気がしますよね。

気分がいい。

お風呂のお湯は、伊豆や、蔵王や、二股ラジウムや、明礬や、奥飛騨や、死海など入浴剤が入っていますからね。

本当に今、自分が思い描いていた、

無理の無い楽しい、温め生活が実現できていて嬉しいです。

サンマットMを使用


あと、会社の中での話しですが、

昨年まではスマーティ・レッグホットという、

脚を中心に温めていたのですが、

今年は

膀胱を温めよう、下腹部を温めようと思って、

写真のように、サンマットM型を導入しました。

そしたらお尻からお腹が温かい。

本当に温かい。

スマーティ・レッグホットを使用すれば更に温かいことは明白なのですが、

一応「脚をあたためることと、お尻を温めることとどっちが良いか?」という疑問もあるので、実験ということでレッグホットは使用しないようにします。

まあ僕の場合は、膀胱辺りに難がありそうなので、お尻を温めたほうが良いでしょうが。

結果は意外と早く出た

大体健康に関わることって、

そんなにすぐに結果がでるものではないですが、

今回は意外と早く結果が出ました。

明け方の下腹部の痛みも弱くなりました。

今後さらに温めてゆくと無くなって行くのでしょう。

やっぱり、毎日1時間以上もお風呂に入っているということや、

お尻を温め続けていることがいいんでしょうね。

今年の温め対策は大成功です。

お風呂の温度について

ちなみにどういうお風呂の入り方をしているかですが、

もう少し詳細をお話しましょう。

温度はそれ程高くないですね。40℃~42℃くらいの間です。

今真冬ですよね。

42℃にお風呂を温めても、すぐに冷えてぬるくなってきます。

1~2時間も入っていたらなお更です。

だからぬるくなったら、沸かしなおして、

またぬるくなったら沸かしなおして見たいな感じです。

でも、ずーっと42℃だったら、絶対に1時間も入れないでしょう。

30分も入れないでしょう。

入浴の体勢

それと、私の入浴の姿勢は変っていまして、

半身浴で入ったり、腰湯で入ったり、色々な入り方をするんです。

全身浴は少ないですね、比率的に。

もし全身浴であれば、30分も入れないと思いますよ。

脚を出して入浴すると気持ちがいいんですよね。

僕、結構、脚を出してお風呂に入っているんです。

温泉や銭湯に行っても。

だから他の人からしたら、

「変な人だな。」と思われていると思いますよ。

とにかく、こういった感じで、自分が負担にならないように、気持ちがいいと言える範囲で入っていると、2時間でも入っていられるのが不思議です。

しかも、ほとんど湯船から出ませんからね。

皆さんは気をつけて下さい

但し、2時間はチョット行き過ぎかもしれませんね。

特に体が弱い人や衰弱している人は、2時間も入ったら駄目でしょう。

1時間でも駄目でしょう。

僕は本当に何年間もかけて、

長湯に慣らしてきましたからね。

だから汗なんてすぐに出ますし、

全身から満遍なく出る体になっていますからね。

汗がよく出るということは、体温調節に優れているということですから。

運動も頻繁にしていますし、

そういう体にしました。

それに水分も、ミネラルも必ず補っていますし。

だから、2時間入っても何ともないんでしょうけれども。

本当に気をつけて下さい

本当に気をつけて下さいね。

長風呂というのは、疲れますし、

発汗も体力を使います。

水分も、ミネラルも失いますし。

皆さん色々と、試行錯誤を繰り返して体を作ってゆけば良いわけであって、

全員が同じ方法ではないと思います。

これは私の方法であって、

真似するのではなく、

参考にして欲しいんです。

くれぐれも、無理のないようにお願いします。

頑張っちゃ駄目!

無理は駄目!

自分に優しく!





冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生
玄米菜食

その他コンテンツ