本気で挑む 冷え性・低体温 グリーンポプリ

冷え性と不妊症/グリーンポプリ












~冷え性と不妊症~




●不妊症の一因として冷え性




婦人病の項を参照して頂きたいのですが、中国漢方医学的にみると婦人病はお腹・腰の冷えと、 汚れた血液に起因すると考えられます。不妊症も原因は色々と考えられますが、問題が女性の側にある場合、 多くはお腹・腰の冷えにあります。



●冷えの連鎖



お腹には胃腸や、子宮、卵巣、腎・膀胱などが集まっており、これらはそれぞれに影響を受けやすい部分でもあります。 何処かが冷えれば、一緒に冷えやすいところです。



●生命力の要が冷えて老化する






特に腎臓や、子宮卵巣などは、生命力生殖能力に直結する臓器です。ここが冷える。 つまり血流も滞り、元気が無くなり、老化すると、生殖能力に大きく影響を与えるのです。



●便秘も冷えにつながる一大事





便秘が長く続けば胃腸の働きも衰え、血流悪化から冷えにつながります。胃腸の冷えは、 子宮、卵巣、腎・膀胱系の冷えへとつながります。たかが便秘とは言っても、冷えから恐ろしい病気につながりやすい症状です。


●お腹・腰の冷えセルフチェック



●便秘がちだ
●冷え性だ
●顔色が悪い
●吹き出物がよく出る
●排尿異常(回数が多い、少ない、透明な尿)


このような方は、是非気をつけて下さい。
お腹は冷えて、汚れた血液が溜まりやすい方ですよ。



●子宮・卵巣を冷やしてはいけない



まず子宮、卵巣が冷えるということは、子宮・卵巣の働きが悪いということとイコールです。 ですから、子宮・卵巣は冷やしてはいけません。血液を集めて、働きを活発に保たねばなりません。



●脚を冷やさない



お腹や腰の冷えの一番の原因は、脚の冷えにあると思われます。「なま足」や「スカート」など、脚を露出する機会が多い女性にとって、 脚の冷えは避けられません。最初は脚だけでも徐々に冷えはお腹や腰に進行すると考えるのが、適切でしょう。


●腎は生命力の源



次に、腎・膀胱系の冷えです。
西洋医学や一般的な認識では、腎臓は「尿を作るところ」か、もしくは「血液をろ過するところ」くらいのものだと思います。
中国医学では全く異なり、「肝腎かなめ」というくらい腎に重きを置いています。 「五臓の傷はきわまりて必ず腎に及ぶ。」といいます。つまり腎は臓器の母であり、生命力の根源です。腎と生殖能力は、イコールの関係です。


●腎臓(腎・膀胱系)を冷やしてはいけない



腎は冷えに弱い臓器です。腰あたりを冷やしていると、必ず腎は弱くなります。腎が弱くなると、生殖能力が落ちたり、 白髪が増えたり、膝、腰、歯が弱くなったりと、顕著に老化の症状が表れます。





⇒冷え性・低体温TOPページへ



冷え性・低体温
腸内環境研究会
食養生
玄米菜食
ポプリ食品辞典
末期癌克服自然生活