腸内環境研究会

玄米菜食と実際







このページは2005年に作成したものです

玄米菜食と実際


私のアレルギーは玄米菜食で治った

私は幼少時に「小児喘息」、「アトピー」、「蓄膿症」といった、アレルギーは全て持っていました。それが、玄米菜食を行なう事で完全に治ったのです。

親父は末期癌になった

我が家では10年以上完全な玄米菜食(マクロビオティック)であったにも関わらず、私の親父は余命3ヶ月の末期癌になってしまいました。その時、玄米菜食(マクロビオティック)が完璧ではない事に気付きました。

それ以来多くの玄米菜食者達を見てきましたが、玄米菜食をやっていながら、体がとても冷えていて、どう見ても不健康な人と多く出会いました。

食事は病気の要因の一部だ

やはり食事は健康の中で一部に過ぎない
健康を決めるのは食事だけではない

それでやはり、「食事は健康の中のほんの一部の要素であり、健康を決めるのは食事だけではない。」という考え方になりました。


心だって体の歪みだって

では食事以外にも重要な要素はというと、心とストレスと自律神経の問題であったり、生活習慣であったり、体の歪みであったりするのです。体の歪みからでも病気は生まれますし、食事では歪みは治りませんから。


では何故親父は末期癌になったか?

ここでまた親父の話に戻ります。その当時、東証1部上場企業の全国トップセールスを長年維持し続けた親父は、本社に移り管理職として超多忙な毎日を繰り返していました。毎晩12時より前には帰ってきたことがないくらいでした。それでも真面目な親父は、外では絶対に外食はせずに、毎晩12時過ぎに家に帰ってきてから、玄米菜食を食べていました。


後から考えると、どんなに食材に気を使ったところで、夜中の12時過ぎに消化吸収に負担のかかる硬い玄米を食べていたら、胃腸を壊し、病気になるだろ。
そしていくら良いものを食べたところで、あれだけ激務をこなし(親父が癌になってから退職願を提出するも1年間受理されずに、結局自ら出社拒否をしてはじめて会社を辞められるほど、重要な仕事を任されていたそうです。本人曰く。)、ストレスを受けていたら、癌になるだろ。
毎日午前様で、朝も早かった。休養もロクニとれないような生活を続けていたら、そりゃ癌になるだろ。


結局いいものを食べていますだけではやはり
リスク低減にはなっても健康は守れない

心とストレスと自律神経の問題は、食事云々よりも重要な要素だったのですね。ストレスがあれば食事もまずいし、消化吸収も悪いですからね。そして、何を食べるかよりも、食事のリズムも重要ですね。どんなに良いものを食べても、夜中に食べていれば全く意味はありません。それどころか、余計に胃腸や、肝臓など消化器系を壊してしまいます。



サイト内カテゴリーリンク